情報信託銀行とは、一般的には、個人情報を契約を元に預かり、
そのデータを第三者である事業者に提供する事業といわれます。
当社は、個人情報ではなく、中小店舗の決済や情報を信託を受けて預かり、
それを第三者に活用していただき、その利益を中小店舗に還元する仕組みを提供いたします。

- SERVICES -

店舗から提供いただいた決済等の各種情報を、 利用契約を締結した企業様に安全な環境でご提供いたします。
店舗に対しては、サービスやポイント、地域通貨等で対価を還元する仕組みです。
これまで可視化が難しかった店舗のリアルデータを最新のIoT技術によって可視化・集約し、活用。提供側・利用側それぞれが利益を得られる情報サイクルの仕組みが、当社の考える「おみせ」版情報信託銀行です。

情報の収集方法について

NIPPON Platformが提供する、国内外の各種決済やサービスアプリを搭載したタブレット、店内に設置するカメラ等により、多様な情報を可視化。
タブレットは無料で貸し出ししており、POSレジを入れるには敷居が高いと感じている店舗や、海外のお客様が多い店舗にご活用いただいております。

- ABOUT US -

NIPPON Social Bankは、金融機関や有識者と連携し、新たな情報活用の仕組みをビジネスサービスとして提供しています。

COMPANY PROFILE

- NEWS/PRESS RELEASE -